ソフロロジー式分娩法について 院長 山口 秀俊

院長 山口秀俊

お母さん学級の中でソフロロジー式分娩についての指導をしています。学級ではソフロロジー式分娩のビデオを見て、呼吸法、リラックス法を実際に行います。

また、実際のお産をビデオで見て、自分自身のお産のイメージにもつなげていきます。

ソフロロジーのイメージトレーニング音楽があるのですが、ぴよぴよホールでは講義が始まるまでその音楽を流します。

院長 山口秀俊

そして家でも毎日ソフロロジーの音楽を眠る前でもいいので聞いて、リラックスして精神安定ができるように練習してもらいます。

お産の時は分娩台の後ろからソフロロジーの音楽が流れるので、練習してきたお産をイメージしながら、息を吐くという呼吸に集中していくので、痛みも強く感じません。

上手なソフロロジー式分娩のコツはお母さん学級への参加とご自宅でのイメージトレーニングの練習ですね。

お母さんが妊娠中からお産に向けて準備をしていくことがとても大切なのです。

ソフロロジー式分娩法とは??

ソフロロジー式分娩法とは

ソフロロジーとは「どうやったら精神的にリラックスできるか」を追求したもので、それを取り入れたものが「ソフロロジー分娩法」です。お産でもリラックスは大きな意味を持ちます。

ママの体に力が入っていると、子宮も産道もかたくなり、赤ちゃんは締め付けられて上手に進めません。酸素も供給されず苦しくなります。逆にリラックスできれば赤ちゃんは無理なく産道を通ってくるので、頭が丸く、ピンク色をして元気に生まれてきます。

一方のママは、緊張の中でもリラックスの状態を作ることができれば、落ち着いて疲労が少なく、会陰の伸びもよくなります。裂傷が少ないので、産後の回復が早く、出産から即、育児へとスムーズに移っていけます。

ソフロロジー式分娩法とは02

ソフロロジーでは、陣痛の痛みを麻酔などで感じなくするとか。「痛みはないものだ」と考えることはしません。痛みは痛みとして受け止めます。ただし、痛いことを苦痛、嫌なこととは考えず、「赤ちゃんを生み出すための最も大切なエネルギー」と考えます。この痛みを恐怖から喜びへと切り替えることが「母性=赤ちゃんを思う心」です。

このようにソフロロジーでは、物事をすべていいほうに考えます。「私はネガティブだから向いていない」と思う人も心配いりません。イメージトレーニングによって、誰でも変わることができます。母性もイメージトレーニングを繰り返すことではぐくまれます。

不安や恐怖を消すには「知る」ことも大きなポイントです。産前教育で不安や恐怖をなくすことで痛みも軽減されます。これに「赤ちゃんを生み出すための大切なエネルギー」というプラスイメージが備われば、安らかな精神状態で出産に臨めます。

産前のトレーニングで培った母性やポジティブ思考は、その後の育児にもきっと大きな力を発揮するでしょう。

ソフロロジー式分娩の具体的な内容は?

ソフロロジー式分娩の具体的な内容

人間は痛みのあるときに力を抜くことはできません。分娩におけるリラックスとは、陣痛が来ていない休息のときに、全身を緩めた状態に持っていくことをいいます。

しかし、リラックスしてと言われて、急にできるものではありません。出産時ともなればなおさらです。そこで出産時にスムーズにリラックス状態にもっていけるように、エクササイズやイメージトレーニングを繰り返し行うのです。エクササイズは体を鍛えるためではなく、緊張とリラックスの対照的な感覚などを疑似体験し、体に覚えさせるために行います。

親子生活のイメージ

イメージトレーニングは、BGMを聞きながら行います。人間の意識は氷山の一角に過ぎず、その底には意識の7〜8倍の無意識が存在するといわれています。脳が意識と無意識のはざまで描いたイメージは、現実と区別ができないのです。

このはざまが「眠りに入る間際の意識状態」です。このときに赤ちゃんのことや2人で取り組む出産の光景、これからの親子生活などをイメージすると、脳は現実と区別できず大脳皮質下に記憶され、母性のスイッチが入り、母性がはぐくまれるのです。その手助けとなるのが音楽です。

音と言葉が心身をリラックスさせ、眠る間際の意識段階に誘います。そして繰り返し聞いていると、お産が近づいてきた頃には音楽を聴くだけでイメージができ、リラックスできるようになります。