子宮頸ガン

子宮頸ガン

子宮頸ガンは検診により進行ガンを防ぐことができます。

子宮頸ガンは検診が非常に有効で、進行ガンを防ぎ死亡を減らす効果が証明されています。多くの先進国ではほぼ例外なく、子宮頸部細胞診による検診が行われます。欧米での受診率は高く、例えばアメリカでは18歳以上の女性の86%が過去3年間以内に1回以上検診を受けています(2002年)。一方、日本では過去1年以内に受けた女性は15%足らずにとどまっています。

子宮頸ガンは20歳代の若年層では急激に増えています。

子宮頸ガン推移

子宮頸ガンは、粘膜表面にとどまる上皮内ガンと粘膜より深く広がる浸潤ガンからなります。

上皮内ガンを含めた子宮頸ガンの発生率は、50歳以上の中高年層ではこの20年間で順調に減ってきていますが、逆に20〜24歳では約2倍に、25〜29歳では3〜4倍に増加しています。

子宮頸ガンはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しており、高齢になるほど多くなる他のガンと違って、性活動が活発な若い年代での感染の機会が増えているためと考えられます。

子宮頸部細胞診によってガン細胞を見つけます。

子宮頸部細胞診

細胞診は、子宮頸部の表面から綿棒などでこすりとった細胞を顕微鏡で調べます。受信者の約1%の方が精密検査が必要となります。ガンの発見率は約0.06%(2002年)です。

精密検査が必要な方の中では、約10%弱と非常に高率にガンが発見されます。これらのガンの60%以上は、粘膜の表面のごく一部だけにとどまる上皮内ガンなど、ごく早期のガンで、その大半は子宮を温存した治療が可能です。早期発見のおかげとなります。

子宮頸ガンは、唯一の「予防できる」ガンです!!

やまぐちマタニティ

子宮頸ガン患者の2人に1人は20〜30歳代なのです!

子宮頸ガンは、ワクチンの接種と定期的な検診で予防することができます。ワクチンは、子宮頸ガンの原因とされるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を防ぎます。2004年から子宮頸ガン検診の対象を20歳以上の女性に広げました。2年に1回の受診となります。

子宮頚がん予防ワクチン接種の希望者が増えています。

子宮頚がん予防ワクチン接種

人吉市、球磨郡での子宮頚がん予防ワクチン補助対象者について13歳(中学1年生)〜16歳(高校1年生)女子(H22年度については、高校1年生: 16歳のみ)市町村によって年齢の異なる場合があります

子宮体ガン

病院を受診することが重要

子宮体ガンは症状があったら病院を受診することが重要です。

子宮体ガンに対する検診方法としては、体部細胞診が一般的ですが、体部細胞診によって子宮体ガン死亡を減らせるかどうかは、はっきりしていません。子宮体ガンは、症状が進行していない早期の段階で出血をきたすことが多く、不正性器出血での発見が約90%といわれています。少量でも出血があれば、すぐに医療機関を受診していただければ早期発見が可能です。下着にしみがつくことや下腹部痛も出血に次ぐ症状です。

子宮頸ガンと子宮体ガンの違い

子宮のどの場所にできるのですか??

●子宮頸ガン
子宮の入り口である頸部の上皮(表面の細胞)から発生します。

●子宮体ガン(内膜ガン)
子宮の奥にあたる体部のうちの内膜から発生します。内膜は生理の時にはがれてしまうので、閉経前の女性には体ガンの発生は多くありません。

何歳の人に多いのですか??

●子宮頸ガン
・30歳代から40歳代で多く診断されています。(10万人あたり30〜40人)
・40歳以上では年々減っていますが、20歳代から30歳代までは逆に増えています。
・1年間に約7,000人が診断され、約2,000人が亡くなっています。

●子宮体ガン(内膜ガン)
・50歳代から60歳代で多く診断されています。(10万人あたり15〜20人)
・以前は少なかったのですが、全ての年齢層で年々増えています。
・1年間に約5,000人が診断され、約1,000人が亡くなっています。

どんな人がなりやすいのですか??

●子宮頸ガン
・ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が発ガンと強い関係があります。
 よって活発な性活動や、性交渉の相手が多いほどリスクが高くなります。
・また妊娠、出産回数が多い方ほどなりやすいといわれています。
・喫煙者でもリスクが高くなります。

●子宮体ガン(内膜ガン)
・閉経以降にリスクが高くなります。
 また、ホルモン補充療法を受けたり、子宮内膜増殖症がある方などでなりやすいといわれています。
・不規則な月経の方、無月経や排卵異常のある方、
 妊娠や出産の経験がない方がなりやすいといわれています。
・肥満、高血圧、糖尿病のある方ではリスクが高くなります。